日々、何かを作っています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時間をみつけて、石けんを初めて手作りしました。
石けんの手作り本を参照せず、ネットの情報だけで作ってみました。
石けんレシピや作り方を公開されているサイトがたくさんあって、どのサイトもとっても勉強になります。

作ったのは「マルセイユ石けん」。
オリーブオイル・パームオイル・ココナッツオイル、3種のオイルで作ってみました。
「苛性ソーダ」という劇薬を使うので、作ってる最中はつねにドキドキ
目に入ると失明の危険性があるそうで、びびった私はサングラスを着用・ゴム手袋で「苛性ソーダ」に挑みました。

作り方を簡単に書くと・・・
1:材料をきっちり計量(周辺を液がとんでも大丈夫なように、新聞紙を敷き詰めました)
2:「苛性ソーダ」を精製水へちょびちょび投入。(熱をもちますよ~)
3:利用するオイルを40度程にあたためる。(私はステンレスの鍋であたためました)
4:「苛性ソーダ水」と「あたためたオイル」がどちらも40度程になったら、「あたためたオイル」に「苛性ソーダ水」を泡だて器でかき混ぜながらちょびちょび投入。
5:ひたすらかき混ぜる。
6:液で字が書けるようになったら(この直前に「タンジェリン」のエッセンシャルオイルを入れました。)、型にいれる。(牛乳パックの型にしました)
7:毛布でぐるぐるにくるんで、24時間保温。
8:切り分け、一ヶ月乾燥

省略し過ぎですが、詳しくは本やネット検索してみてくださいね。
5の「ひたすらかき混ぜる」ですが、「ひたすら」じゃなくてもいいそう・・・
混ぜて、休んで、また混ぜて、休んで・・・・
という感じでいいようです。
私は、3時間かき混ぜ続けました。
bu1.jpg

切り分けた石けんは、少し緑がかった黄色。
香りはあま~いです。
かき混ぜてる途中は、オリーブオイルの独特な香りにやられそうになりましたが、24時間経つとお菓子みたいな香りに。
これから一ヶ月、石けんが眠っているうちにまた香りが変わってくるのかなぁ?
「タンジェリン」の柑橘系の香りは、今のところ全然しません。
入れる量が少なすぎたんでしょうね。

それにしても、待ち遠し過ぎる・・・
切り分けた時に少しでたかけらを、おそるおそる使ってみました。
ほ~んの少し、泡が出ました。

台所用の液体洗剤がなくなりつつあるので、廃油石けんも作ってみようかなぁ~

スポンサーサイト

テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2006 gigiの日常, All rights reserved.


SEO対策:ブライス :エコ :クラフト :ヘンプ :ステンドグラス :せっけん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。